保湿 化粧水

保湿の出来る化粧水のただしい使い方

保湿タイプの化粧水を使っても、乾燥していまうことがありますよね。それは、つけ方に問題がある可能性があります。
保湿に効果的な化粧水のつけ方はどのようなものなのでしょうか。調査してみました。

 

・洗顔後、すぐにつける
洗顔後の肌は水分の吸収力が一番高まっているときです。効果を高めるためには、洗顔後すぐにつけるのが効果的です。また洗顔してから時間が経つにつれ、どんどん乾燥が悪化してしまいます。

 

・表示されている適量をつける
化粧水の成分のほとんどは水です。大量につけてもそのほとんどが蒸発してしまいます。パッケージに表示されている適用を守って使うのがおすすめです。少量ずつを数回に分けてつけるのも効果的です。

 

・手で優しく馴染ませる
コットンを使用すると肌を傷つけてしまう可能性があります。手で優しく馴染ませ、体温で温めることで有効成分が浸透しやすくなります。手でつける際は小鼻の周りなどがつけ忘れやすいので、注意しましょう。

保湿化粧水の効果的な使い方関連ページ

おすすめの保湿化粧品
おすすめの保湿化粧品ならクチコミ件数の多い、エスティローダーがおススメです。肌のバリア機能を高めてくれます。
ニキビに保湿が大切な理由
ニキビを治すには保湿が大切だといいますがその理由では、インナードライを防ぎバリア機能を高める働きがあります。
皮膚科で処方される化粧水の保湿力がすごい
皮膚科でもニキビ化粧水はもらう事ができます。保湿力もあるので治療として化粧水を使いたいのであれば皮膚科もありです。